goTop

よくあるご質問 | メンタルチェック@クラウド

9:30-18:00 ※土日祝日除く
導入前のよくあるご質問 | ストレスチェック制度対応WEBシステム「メンタルチェック@クラウド」

導入前のよくあるご質問

システムの導入をご検討のお客様からよく寄せられるご質問と回答を掲載いたします。
  ■ストレスチェック制度について
法に基づく第一回のストレスチェックは、法施行後いつまでに何を実施すればいいのでしょうか。
answer 平成 27 年 12 月 1 日の施行後、1 年以内(平成 28 年 11 月 30 日まで)に、ストレスチェックを実施する必要があります。
(結果通知や面接指導の実施までは含みません。)
当社は本社と事業所から成りますが、本社で一括して「事業者」として実施することは可能ですか。
その場合、実施方法などについて事業所ごとに衛生委員会での調査審議が必要でしょうか。
answer 労働安全衛生法の他の規定と同様に、ストレスチェック制度の規定も、事業場ごとの適用となりますが、全社共通のルールを、全社の会議体で審議するなどして定め、それを各事業場に展開するというやり方も可能です。
ただし、法令の規定は事業場ごとの適用となりますので、全社共通のルールについても、各事業場の衛生委員会において確認し、労働者に周知していただくとともに、事業場ごとに実施者や実施事務従事者が異なる、実施時期が異なるなど、全社で共通化できない内容がある場合は、それぞれの事業場ごとに衛生委員会等で調査審議の上、決めていただく必要があります。
また、実施状況についての労働基準監督署への報告も各事業場が、その事業場を管轄する労働基準監督署に対して行う必要があります。
受検率が低い場合、これを理由として労働基準監督署から指導されるといったことがあるのでしょうか。
answer 労働基準監督署への報告は、ストレスチェック制度の実施状況を把握するためのものであり、ストレスチェックの受検率が低いことをもって指導することは考えていません。
ストレスチェック実施を外部機関に委託した場合、本人への面接指導の勧奨は外部機関からなのか、嘱託の産業医からなのか
どちらなのでしょうか。
answer 面接指導の勧奨は、ストレスチェックの実施者が行うことが望ましいです。このため、嘱託産業医がストレスチェックの共同実施者でない場合は、外部機関の実施者が本人に勧奨することになりますが、嘱託産業医が共同実施者である場合は、嘱託産業医が勧奨することが望ましいです。
具体的な勧奨の方法等については、衛生委員会等で調査審議の上で事業場ごとに決めていただければ大丈夫です。
面接指導の結果に基づき、医師が事業者に就業上の措置について意見を言うことになりますが、本人が事業者へ伝えることを
拒む場合には、どうすればよいのでしょうか。
answer 面接指導を踏まえた就業上の措置に関する医師の意見については、必要な情報に限定すれば本人の同意が無くても事業者に伝えることができる仕組みですが、円滑に行うためには、面接指導にあたり事前に本人にその旨説明し、了解を得た上で実施することが望ましいです。
事前に了解が得られない場合は、法に基づく面接指導は事業者に結果が伝わる仕組みである旨を説明し、本人の了解を得た上で、法に基づく面接指導としてではなく、事業者に伝えないことを前提に、通常の産業保健活動における相談対応として実施することも考えられます。
個人データを氏名、年齢、所属部署などを削除し、個人が識別できない状態にしてストレスチェック結果を事業者が取得する
ことは可能でしょうか。
answer 当該データにより、または他の情報と照合しても個人識別ができない状態であれば、その情報は個人情報には当たらないので、事業者による取得に特段の制限はかかりません。しかし、人数が少なく、個人が特定されるおそれがある場合は、実施者から取得することは望ましくなく、こうした情報を事業者が取得する場合は、あらかじめ衛生委員会等で取得目的、共有範囲、活用方法等について調査審議を行い、その内容について労働者に周知していただく必要があります。
派遣労働者へのストレスチェックについて、例えば、ある派遣元と雇用契約を結んでいる派遣労働者が200人おり、そのうち、
ある派遣先事業場に20人が派遣されており、その事業場には20人の派遣労働者と派遣先の正規職員40人の合わせて60人の
従業員がいる場合、ストレスチェックの実施義務はどこにどのように生じるのでしょうか。
answer 派遣元がストレスチェックを実施する場合には、派遣元と雇用契約を結んでいる派遣労働者が50人以上いるかという点で判断するので、例えば200人いるということであれば、何人をどこに派遣していようが、ストレスチェックを実施する義務が派遣元に生じます。また、派遣先事業者に労働者が60人(内20人が派遣労働者)という場合、正規の労働者は40人しかいなくても、事業場の人数の数え方は派遣労働者を含めてカウントするため、そのような派遣先にはストレスチェックの実施義務があり、派遣先はまずは40人の正規労働者に対してストレスチェックを実施する義務が生じることになります。なお、派遣先については、派遣労働者に対しストレスチェックを実施する義務はありませんが、派遣労働者20人に対してもストレスチェックを実施するとともに、職場の集団ごとの集計・分析を実施することが望まれます。
ストレスチェックに関する労働基準監督署への報告については罰則があるのでしょうか。
また、50人未満の事業場においてストレスチェックを実施した場合には報告義務はあるのでしょうか。
answer 労働基準監督署への報告は労働安全衛生法第100条に基づくものであり、違反の場合には罰則があります。
50人未満の事業場については、報告義務はありません。
  ■システムについて
外国語に対応したストレスチェックサービスを探しています。
answer メンタルチェック@クラウドでは英語および中国語でのサービス提供もできます。
ストレスチェックだけではなく医師による面接や集団分析もできないですか?
answer メンタルチェック@クラウドでは、オプション契約で医師および保健師による面接指導や集団分析が利用できます。

まずはお問い合わせください。

システムに関して気になること、詳しく知りたい事などございましたら お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ
フリーダイヤル:0120-172-417
お電話でのお問い合わせは、上記のフリーダイヤルで承ります。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
資料請求された方には、「メンタルチェック@クラウド」の特徴/料金表/ 導入の
メリットをご案内いたします。